谷中ハチ助のブログ

登山、読書、ベイスターズ情報を谷中からお届けします

グルメ

【グルメNo.21】北海道ラーメン 楓の味噌ラーメン/横浜鶴見

昨日昼のこと。四月並みの気温に肌寒い氷雨、ぐっしょりになったズボンを抱え、楓の暖簾をくぐった。 寒い日は一にも、二にもラーメンが恋しくなる。それも出来るだけ熱々でボリュームたっぷりなのが。 アツアツがすぐに出てくる。旨辛の味噌。スープは濃い…

【グルメNo.20】リンガーハットに長崎チャンポン

この春異動して、食生活が変わった。勤務地近くの飲食店のラインナップが胃袋に影響を与える。とはいえ、近くは工業地帯。必然、質より量のチェーン店が、軒を並べる。 リンガーハット、何年振りだろう、チャンポンを食するのは。軽く10年は記憶の引き出しに…

【グルメNo.19】秩父鉄道直営 三峰口駅そばの天ぷらそば・うどん

開いてればラッキー。三峰口駅改札出てすぐの駅そば。 私の経験では6、7回足を運んだうち、開いていたのは3、4回。打率5割の強打者である。しかも休日の朝8時に開いていたのだ。頼もしい、実に頼もしい。登山の前に一杯すすれば、これから来るべき斜面にも、…

【グルメNo.18】西武秩父駅前温泉 祭の湯の丼屋炙りの炙り豚味噌丼〜とろろ添え〜

西武秩父駅前温泉祭の湯は、駅前だけあってべんりである。秩父という山に囲まれた土地柄、ターミナル駅のここ西武秩父駅から多方面へ山行きのバスが出ている。山へのベースキャンプともいうべき拠点なのだ。 祭の湯は汗を流すのにはもちろん、併設されている…

【ベイスターズ観戦No.9】●0-7タイガース 2019年5月26日

以前からそうだが、タイガースに弱い。阪神ファンも心得たもので、球場にいる顔ぶれも自信がありげだ。 昨日のヒヤヒヤ逃げ切りで今日もどうなることかと思えば案の定。 初回売り出し中の近本に先頭打者ホームラン。 2回にもマルテ、中谷と一発を浴び、万事…

【グルメNo.17】魚金 ムスブ田町店

台湾から友人が一時帰国。さあてどこに連れて行くか。 中華はないだろう。やはり日本らしいのがいい、私もしばらく行っていない。居酒屋だろう。刺身、焼魚、漬物、おでん、豆腐、枝豆。オールジャパンでいこう。 田町駅芝浦口を出て、丸の内みたいな高層ビ…

【グルメNo.16】秀永のとりめし、ほんこん飯/高田馬場

良かった。まだあった。学生時代を過ごした街を同窓会ぶりに目指す。私にとっての青春の味だ。こってり、ギトギト。ボリュームはやや少なめ。それが学生時代の印象だった。 こちらがとりめし。銀杏がアクセントになっている。 ほんこん飯は回鍋肉に目玉焼き …

【グルメNo.15】OUTBACK STAKEHOUSEでディナー

食べ切るのがやっとでした。さすがアメリカ、本番のサイズ。フライドポテト、バターライスそして、ステーキ。いずれもボリュームたっぷりで、肉肉しい時間を味わいつくしました。 お味はというと、悪くはないというところ。ソースはシャンピニオン系と見た目…

【株主優待No.10】ダスキンの株主ご優待券

ダスキンというと、どのようなもの企業イメージがおありでしょうか。レンタルのお掃除器具が思い起こされるのではないでしょうか。かくいう私もそうでした。 ハンバーガーやフライドポテトなどのファーストフードが好きで、お昼は社外に出て、気分転換したい…

【グルメNo.14】プレッツカフェ クレープリーのガレット

昨年夏本場パリでガレットを食しました。蕎麦粉で作った固めのクレープにハムやチーズ、卵を閉じて、ナイフとホークを使い、ドリンクにはリンゴを熟成させたお酒シードルをそえます。日本料理でいうなら刺身に日本酒、ドイツ料理ならウィンナーにビール、そ…

【ベイスターズ観戦No.6】●2-10ジャイアンツ 2019年5月6日

10連休最終日。五月らしい陽気の中、ハマスタに向かいました。今日こそは抑えの山崎康晃の登板をと切望していました。 2020年五輪に向けて改修中で、満席のためか、star sideは混んでるのでbay side側に回ったら、こちらからは入れませんとの事でした。おか…

【雨に降られて②】清里から車山高原方面へ

なんとかならないかと願った甲斐もあって、2日目の信濃路は明るいとまでは言えないまでも、お出かけ日和の天候になりました。 まずは、東山魁夷作品のモデル、そして、吉永小百合さんのテレビCMロケ地としても名を馳せたという御射ヶ池へ。人工池とは思えな…

【雨に降られて】清里をドライブ

平成最後の日、始めての清里を目指して、茅野駅を発った。 あいにくの雨、晴れる気配はまるでなし。まったくもう。 よかった順にご報告。 清泉寮。キリスト教研修施設だったらしい。残念ながら、牧場の視界ゼロ、晴れていれば青々としたアルプスの峰々が堪能…

【株主優待No.8】吉野家ホールディングスの株主ご優待券

カレー?吉野家も変わったもんだ。いや変わらざるを得なかったというべきか。チキンスパイスカレー(550円)である。流行りを追いかけたらしいので、私もそれに乗って注文してみた。 悪くない。普通のカレーとはちょっと違う。オリジナルのスタンダードタイ…

【グルメNo.13】焼きスパゲティ ロメスパバルボアのナポリタン

極太の炒めたてのナポリタンが、ホクホク熱くてうまい! 無性にナポリタンが食べたくなるときがある。そんなときに、期待を裏切らないのが、ここロメスパバルボアである。 ロメスパとは「路面スパゲッティー」のことらしい。極太、事前茹で上げで時間短縮を…

【株主優待No.7】ハイデイ日高の株主ご優待券

年一回、2月に日高屋などで使える優待券500円が 4枚、計2,000円分送られてきます。日高屋の定食、麺ものメニューはたいてい500円前後なので4回分使えることになります。 昨日は生姜焼き定食をいただきました。こちらは700円なので、手出しは200円。味付けが…

【新世界】賑やかしやこの街は

先月の備忘録をひとつ。 惨敗した甲子園(阪神戦ではなく選抜高校野球)の翌日、四天王寺に参って、腹ごなしに新世界へ。 最寄駅は大阪市営地下鉄御堂筋線の動物園前駅。駅構内はなぜか動物園の背面からの写真ばかり。どんな意図があるのかわからないが、斬…

【コンビニNo.2】 セブンイレブンの中華蕎麦とみ田監修の豚ラーメン

よくできてる。疲れた体に染み渡るようだ。極太麺、野菜、豚、にんにく。いずれも店舗で提供されるそれをそのままダウンサイジングしたかのような出来栄え。ついにここまできたかという、感慨じみたものさえある。自らが作り上げたわけではないが。 レンジで…

【グルメNo.12】浜勝のトンカツ

九州生まれの地元の味が東京でも食べられる。いい時代になったものだ。帰省するまでもない。 九州でトンカツといえば浜勝を置いて他にない、それくらい有名だ。 私が知りうる限り、この店の最大の特徴は、すりこぎと太っ腹さにある。 前者は、初回来店ならば…

【春の訪れ】三浦半島でイチゴ狩り

見てください、この鮮やかな赤!真っ赤なあまーいイチゴが、取れました! イチゴと言えば、大ぶりなほど、栄養分が行き渡っていて、高級品のイメージがありましたが、見事に覆してくれました。今まで行ったイチゴ狩りで一番良かったです! 時は先週末、桜も…

【谷根千No.10】じねんじょの薬膳カレー

かなり妖しげな雰囲気を醸し出す外見だ。ガラスを十字に切った引き戸に、昔ながらの腰高の正方形の看板、白抜き文字のエンジに染め上げた幟に「おいしく食べて元気が沸く‼︎」の文字、店内から漏れ出る古ぼけた灯り火。 帰り道のルート上だが、手が、いや足が…

【都心の桜】千鳥ヶ淵〜オーバカナル〜赤坂見附

おととい満開を迎えた桜を観に、都心の名所、千鳥ヶ淵へ。ここは皇居の外堀でボートが楽しめる数少ないスポット。 1、2時間待つかもなー、なんて悲観しながら、九段下から日本武道館を左手に見遣りながら、靖国通りを南へ向かう。お濠にかかる桜が満開のとき…

【谷根千No.9】一寸亭のチャーハン

おそらく、だ。もし、中華料理、チャーハンを食べたことがないという欧米人に、チャーハンを食べたいと注文されたら、連れて行くであろうお店。それが一寸亭だ。 その店は、賑やかしい谷中銀座商店街のちょうどまん真ん中にある野中ストアの脇道を入ってすぐ…

【甲子園】高校野球の聖地から。負けて道頓堀でくいだおれ

選抜高校野球初日、第2試合。縁あって春日部共栄高校アルプス席へ。 こだまする歓声、飛ぶ白球、響に渡るブラスバンドの音。一球一球に球場が揺れているようだ。甲子園は、選手と観客の一体感がすごい。設計者は天才だ。 試合は予想に反して、ワンサイド。共…

【谷根千No.8】節骨麺たいぞう西日暮里店の唐揚げ白飯セット

枕崎産鰹節と薩摩黒ブタ豚骨、鶏ガラ、さらには九十九里のにぼしや野菜を煮詰め、スープをとったという。 一口飲んで頭に浮かぶのは、ああ、和風ということだ。こってりのなかにもどっしりと出汁の存在感がすごい。背脂もたっぷりで、私はこちらを狙っていた…

【株主優待No.6】ロイヤルホールディングスの株主ご優待券

これ一枚で、てんやで天丼並盛が食べられる。それで株主になったようなもの。6月と12月、100株(本日現在271,800円)で年2回500円相当の優待券が送られてくる。半期に1枚は物足りない。500株だと、10倍の5,000円相当が2回となり、段違いの強みが出てくるが、…

【ふるさと納税No.8】 うめ屋の和風だし/福岡県宗像市

かれこれ20年以上前になるが、上京して驚いたうちの一つが、汁物のだしをカツオで取ると聞いたことだった。 地元では、あごだしが前提であった。あご、と聞いてピンとくる人は西日本出身か、食通かではなかろうか。 あごというのはトビウオのことであり、こ…

【ふるさと納税No.7】 揚子江の豚まん/福岡県北九州市

豚まんといえば揚子江、これよりうまい豚まんはまだ食べたことがない。楽天のお取り寄せ肉まんランキングでは、堂々の2位を獲得している。 我慢に我慢を重ねた私は愚かだった。食するには帰省しなくてはならないことはない。ネットでワンクリック。あ〜今の…

【グルメNo.11】 麺屋 ふじ田の角ふじ(並盛)/日暮里

たまに無性に食べたくなるものの一つが、二郎系ラーメンである。 何じゃそりゃという方のために一言で説明すると、背脂たっぷり、太麺こってり、モヤシやキャベツを野菜と呼ぶ、ボリューミーなラーメン店、ラーメン二郎とその系譜に連なるラーメンのことであ…

【グルメNo.10】 牛タン&ブラッキーセット/ねぎし

ねぎしといえば、牛タン、とろろ、麦飯の3拍子。脂たっぷりの牛タンに、ズルズルとろろ、麦飯はおかわり自由ときている。 先日、大学時代の友人と5年ぶりくらいに暖簾をくぐった。学生時代にはよく通った。高田馬場のあの店は腹を空かせた学生でいつも賑わっ…